湘南藤沢 脳腸相関を重視した治療を行うクリニック

レジリエンス・プログラム

  • HOME »
  • レジリエンス・プログラム

最先端ストレス学・脳科学に基づくレジリエンス療法で
メンタルを強化しストレスの負荷を最小限に抑えます

レジリエンスプログラム

心と体は、つながっています。つらい気持ちが長く続き、体調もよくない場合は、過重なストレスにより心身が悲鳴をあげているのかもしれません。レジリエンスとは、困難を乗り越える力、逆境でも折れない心などを意味します。
江の島弁天クリニックでは、自らの感情をコントロールすることでストレスを受けたときのダメージを最小限に抑える「レジリエンス・プログラム」を開発。ストレスを避けたり、発散したりする従来の解消法とは一線を画した、適切なトレーニングによってレジリエンスを鍛え上げるメンタルヘルス対策です。


topPr_01_310

患者さまの心と体、取り巻く環境にも目を向け、トータルな視線から原因を解明します。医師によるカウンセリングを中心に、「マインドフルネス」「バイオフィードバック」「ニューロフィードバック」「CES療法(Alpha-stim)」「インタラクティブメトロノーム」などの手法を用いて、ストレスをコントロール。最先端の医療技術を組み合わせたオーダーメイド治療により、薬のみに頼ることなく心を回復させるプログラムをご提案します。ストレスと密接に関係する生活習慣病の改善にも効果的です。

ストレスプロファイル

心拍、筋緊張、発汗、呼吸、体温、脳波などストレスによって変化しやすいデータをセンサーを用いて生理学的に調べ、自分身体のストレスへの対応を見える化し、測定します。このデータをもとに、自律神経のバランスを意識した個々にあったトレーニングをカスタムメイドしていきます。

バイオフィードバック・トレーニング

バイオフィードバック普段は気がつかない身体の変化を測定し、それが身体の持ち主にフィードバックされる。このようにして身体の状態を知り、心身をより良い方向に調整し、自分でコントロールすることができるようにする手法がバイオ(身体の)フィードバック(情報をかえす)です。

 心身の状態を意識的に制御することで自律神経の機能が改善されることにより様々な疾患の予防に役立てることを目的としています。ストレスプロファイリングの結果をもとに、現在は「腹式呼吸トレーニング」「肩筋電トレーニング」「心拍変動トレーニング」を行っています。

  1. 腹式呼吸トレーニング・・・腹式呼吸がマスターできるようにPCでバイタルのライブデータを見ながら呼吸の練習を行います。呼吸や心拍変動をモニターしながら正しく腹式呼吸ができているか判断します。
  2. 肩筋電トレーニング・・・ストレスプロファイリングで肩の緊張度が高かった方に主に実施します。呼吸をコントロールすることで呼吸による脱力を目指します。また自分の心癖に気がつくことでいらない緊張を抜くお手伝いにもなります。
  3. 心拍変動トレーニング・・・呼吸、心拍変動、交感・副交感神経の働きをモニタリング。呼吸をコントロールすることで交感・副交感神経のバランスをとることを目指します。

インタラクティブメトロノーム

img_10インタラクティブメトロノーム(IM)という機器を使いトレーニングを行います。

 カスタネットのような機器やセンサーのついたマットを使い、ヘッドフォンから聞こえる音に合わせてリズムをとります。1/1000の精度でリズムをとるタイミングが測定されています。トレーニングを行うことで脳のネットワークが活性化され、脳内に新しい神経回路が作られます。集中力や注意力、作業記憶力、運動神経、言語能力がUP。 スポーツ選手のトレーニングや認知症予防、学力向上のためにも利用されています。対象は主に発達障害をお持ちの方、スポーツ選手、認知症予防に取り組みたい方など様々です。

CES療法(Alpha-Stimアルファスティム)

CES(頭蓋微電流刺激療法)は、耳たぶに電極を装着し、微弱な電流を流すことにより、その電流が脳幹や扁桃体などを刺激します。その結果、不眠症、うつ病、不安障害、慢性疼痛などの症状を改善していきます。CES療法ではAlpha-Stimという機器を使用します。これはアメリカの厚生労働省にあたる機関で認可されている治療機器です。

 バイオフィードバックのトレーニング効果を高めるために活用されることもあります。主に痛みがある方、不安が強い方、不眠の方などに使用します。不眠症、うつ病、不安障害、疼痛性疾患の治療法として有効であることが多くの論文で報告されています。

マインドフルネス

マインドフルネスとは、自分のありのままの状態を受け入れつつ、「今ここ」に意識を集中させる技法です。優れたストレス低減法として医療の幅広い領域で用いられ、非常に高い治療効果を持つ心理療法でもあります。当院ではバイオフィードバック・トレーニングや、認知行動療法の中でマインドフルネスを取り入れています。

脳波分析(QEEG:定量脳波分析)

ADHDやうつ、統合失調症、てんかんなど診断のための測定や、脳の生理的な活動状態や特性を把握し、ピークパフォーマンス向上のために活用されています。

19チャンネルの電極から、連続する数値の変化をとらえ、脳の活動の前後左右のバランスや、活性化している脳波の特性が出た分析結果を、ニューロフィードバックトレーニングで脳を最適化するために有効に活かしていきます。

認知行動療法

物事をネガティブにとらえてしまう思考のクセ(認知)を変えることで自らの感情を冷静に見つめ、少しずつ問題行動を減らしていく。このように考え方・感情・行動の悪循環を断つことが目的の心理療法です。ストレス軽減と柔軟性のある考え方を身につけるうえで大きな効果があります。
最近では、うつ病や強迫性障害などの精神疾患に対して、薬物療法の代わりに認知行動療法を採用するメンタル・クリニックが増えています。

ニューロフィードバック

定量脳波分析などの結果にもとづき、特定の脳波を抑制したり、増幅させるなどのトレーニングを行うニューロフィードバック。いわゆる“脳波に特化したバイオフィードバック法”です。
脳活動のパターンをコンピュータが読み取り、あらかじめ設定した周波数のときにだけモニター画面が進行するというしくみ。脳波を可視化しトレーニングすることで、脳活動を意識的にコントロールできるようになるのです。
これまで主にアメリカで、ADHD、てんかん、うつ病、PTSD、睡眠障害、認知症などの精神疾患のほか、スポーツや音楽のパフォーマンス向上に効果があることが示されてきました。

脳波は、その周波数帯によって、δ(デルタ)波、θ(シータ)波、α(アルファ)波、β(ベータ)波、などに分類されており、一般にリラックス状態のときにはアルファ波が、緊張状態のときにはベータ波が出ていることが知られています。
トップアスリートが試合でピーク(最高の)パフォーマンスを発揮する際、いわゆるスポーツの世界で「ゾーンに入った」と表現される状態は、シータ波、アルファ波、SMR波(アルファ波とベータ波の境目の周波数波)などに関連していると考えられています。
ゾーンに入ったアスリートは実力を余すところなく発揮することができますが、このような脳波の状態は、トレーニングによってコントロールし得ることが示唆されています。

当院では、メンタル面での不調に対してはもちろん、ビジネスマン向けの能力開発、トップアスリート向けのピークパフォーマンス・トレーニング(主にAlpha/Thetaトレーニング)も行っています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0466-25-2638 受付時間9:30~17:30(日曜祝日休診)

Clinic Information

診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30~12:30

午後13:30~17:30


診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・アレルギー科


診療日・予約制

診療日カレンダー

臨時休診日:6月2日 5日 16日 30日


お問い合わせ

Tel0466-25-2638

Fax0466-25-2639


CES療法

適応疾患例


腸のトラブル

書籍のご紹介
採用情報
メディア出演情報

話題の美容ドッグ

血液検査によるガン検査

ドクター無料対面相談予約

オーダーメイド乳酸菌で「腸活」始めませんか?!

腸内フローラとは


マインドフルネスプログラム

ツイッター

PAGETOP