ペインクリニック

imasia_15305573_L

神経ブロック注射

内服治療では痛みがおさまらず、激痛が長期化して筋力が低下するなど日常生活に支障がある場合に「神経ブロック注射」を行います。
これは神経や関節の患部に直接か、あるいはその周囲へ薬剤を注射するというもの。一般的には局所麻酔薬を使用し、脳から脊髄、神経へと送られてくる「痛み」の情報をブロックすることで症状を緩和するという方法です。
おもには脊髄周辺にある硬膜外腔に薬剤を注入する「硬膜外ブロック治療」、神経根そのものに薬剤を注入する「神経根ブロック治療」の二つがあります。

マイルドホットウェーブ

極超短波(マイクロウェーブ)を発生させる治療機器を用いて、生体の深部組織まで温熱を届かせるという保存療法の一つ。筋膜周辺が温まると、筋肉がほぐれて血行が改善し、酸素や栄養が体内に行き渡ることで症状を改善します。
椎間板ヘルニア・関節リウマチ・腰痛・変形性関節症などに対応し、急性期症状を過ぎた慢性期の痛みに効果的です。


プロトライト

太陽光の熱線の一つである赤外線は、生体に吸収されることで温度を上昇させる作用があり、古くからさまざまな方法で治療に用いられてきました。
近年になり、LEDから放射される赤色光・赤外線の生理作用が注目されたことで、治療機器・プロトライトが開発されました。これはグローバル・スケーリング理論に基づき、骨・筋肉・器官・免疫系・神経系に対してそれぞれの陽子が共鳴するように、周波数を変調して最適化された赤外線を照射するというもの。
プロトライト照射後には酸化ストレスの数値が下がるという報告もあり、温熱治療だけでなくメンタルケアの面でも効果が期待されています。

遠絡療法

創始者・柯尚志(こう・しょうし)医師により開発された治療理論に基づく遠絡療法は、難治性の痛みやしびれなどの症状のみならず、糖尿病やがん、アレルギーなど、多くの疾患に効果が期待されています。
経穴(ツボ)を刺激し、血液・リンパ・神経・栄養素・イオンなどのさまざまな生体の流れ(ライフフロー)を調整するという中医学にもとづいた治療法であり、おもに押し棒やレーザーを用いて手足や体幹の治療ポイントを刺激します。
病気の多くは、その根本原因にライフフローの停滞があるとの考えから、スムーズな体内循環を取り戻すことで症状の改善を目指すというもの。患部には直接触れず、注射・鍼・薬を用いないことも特徴です。


神経伝達調整治療(NTA)

中枢神経を包んでいる硬膜をはじめ、筋膜や横隔膜など生体内のあらゆる膜のねじれやゆがみを調整するという、オステオパシーを深化させたソフトタッチの手技療法です。これによって脳の緊張が和らぎ、神経伝達がスムーズなると、体液・リンパ液・血液などの流れ(体内循環)が改善され、内蔵の働きが活性化して自然治癒力も高まります。
中医学やインド医学、生体エネルギー理論などの要素をあわせ持つ神経伝達調整治療(NTA)は、その効果もさることながら、副作用がない点もメリットです。とくにニューロフィードバックとの組み合わせは、脳機能の改善に大きく作用します。

マインドフルネス瞑想

ストレス・マネジメントの一環として、欧米の企業や官公庁でも積極的に導入しているマインドフルネス(瞑想法)。社員や職員の集中力・想像力を高め、周囲とのコミュニケーションをスムーズにする、あるいはリーダーシップを発揮するという“心のエクササイズ”です

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ドクターの無料対面相談(20分)

当院では、患者様のお悩みについて初回20分に限り、【無料】にて対面相談を受け付けております。

ドクター無料対面相談予約

クリニック情報
診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30〜12:30
午後13:30〜17:30
診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・漢方内科・アレルギー科


診療日・予約制
診療日カレンダー
お問い合わせ
Tel0466-25-2638
Fax0466-25-2639

江の島弁天クリニック
〒251-0036
神奈川県藤沢市江の島2-1-6
江の島アイランドスパ本館1階

クリニック専用駐車場10台有り


ツイッター

ドクター無料メール相談