湘南藤沢 脳腸相関を重視した治療を行うクリニック

漢方

漢方薬イメージ北京光明中医大学客員教授・呂琦(ろさい)先生より学んだ古典的中医学を基礎に、エキス剤を中心とした通常の漢方治療に加え、台湾の冬虫夏草や霊芝、韓国の高麗人参(サンサム)、チベット漢方薬浴など、効果が高く厳選された漢方をご提供します。

漢方では、訴える症状が同じであっても、個々人の体質の違いを重視しその人の全体像を診ますが、それを証を採るといいます。

証には様々な分け方があり、「陰陽/虚実/寒熱/表裏」などに代表されます。それぞれの証は、患者様の状態の全体像を把握するための尺度であり、これらを組み合わせて個々人の全体像を捉えます。

漢方医学では、証が決まれば処方が決まるのが原則です。その証を決定するために、漢方独自の「四診(望診、聞診、問診、切診)」を行います。

目で見て診察するのが望診、耳できいて診察するのが聞診、会話で症状を把握するのが問診、体に触れて症状を診るのが切診です。

当院では、証の決定をより正確に行うため、アムサット・エレウェルなどの、生命エネルギーである気の状態や、気の通り道と考えられている経絡の情報を捉え得る装置も導入しています。


アムサット

全身を流れる生体電気のバランスを調べる検査で、発症している病気はもちろん、未病段階での症状も見逃しません。ロシア製の測定機器を用いて、両腕・両脚・額など計6ヵ所の電極から電流値を自動測定。生体エネルギーの状態や自律神経のバランスなどがわかります。

エレウェル

経絡(東洋医学の根本概念・気の通り道)の状態、骨格のゆがみや精神状態などを測定し、その結果から生活習慣を改善するポイントを割り出すというEAV機器を使った検査。適切な代替療法を選択の際に活用されます。


アムサット、エレウェルは検査項目ではなく検査機器の名称です。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0466-25-2638 受付時間9:30~17:30(日曜祝日休診)

Clinic Information

診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30~12:30

午後13:30~17:30


診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・アレルギー科


診療日・予約制

診療日カレンダー


お問い合わせ

Tel0466-25-2638

Fax0466-25-2639


CES療法

適応疾患例


腸のトラブル

書籍のご紹介
採用情報
メディア出演情報

話題の美容ドッグ

腸内フローラとは


マインドフルネスプログラム

ツイッター

PAGETOP