湘南藤沢 脳腸相関で薬に頼らない治療 水の鍼で筋膜リリース

過敏性腸症候群

IBS(過敏性腸症候群)とは

IBSとは Irritable(過敏な) Bowel(腸) Syndrome(症候群) の略です。
IBSは機能性消化管障害のひとつに分類され、この中には便秘やSIBOとも関係している機能性胃腸炎も含まれます。
腸管には基本的に異常は見つからず、腸管の機能面(蠕動運動)に異常が出てきます。

なぜ過敏性腸症候群が起きるのか

ストレスなどの心理的要因や、腸内細菌のバランスの乱れなどに原因があります。
ストレスを感じることで、その刺激が腸に伝わり腸の蠕動運動を抑制することで便秘や下痢、腹痛などが起き、それらのストレスが脳にさらなるストレスを与えるという悪循環が考えられます。

まさに脳腸相関が深くかかわっている疾患と言えます。

どのような症状が出るのか

腹痛、下痢や便秘、ガスなどによるおなかの張り、腹部不快感を慢性的に繰り返す症状が出ます。

排便による症状の軽減や、排便頻度や便の状態が症状と関係しているかがIBSかどうか見極める基準になってきます。
便の状態により症状は、下痢型IBS、便秘型IBS、混合型IBS、分類不能型IBSの4つの型に分類されます。

また、IBSにより不眠や不安、抑うつの症状、頭痛、疲れやすさ、めまい、肩こり、吐き気、嘔吐、食欲不振などの症状が出る場合もあります。
腸の健康を維持すること、ストレスコントロールをできるようになることが治療のポイントとなってきます。

当院が推奨している治療法・メニュー

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0466-25-2638 受付時間9:30~17:30(日曜祝日休診)

Clinic Information

診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30~12:30

午後13:30~17:30


診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・アレルギー科


診療日・予約制

診療日カレンダー

臨時休診日:5月19日 6月2日 5日 16日 30日


お問い合わせ

Tel0466-25-2638

Fax0466-25-2639


CES療法
水の注射

適応疾患例


腸のトラブル

書籍のご紹介
採用情報
メディア出演情報

話題の美容ドッグ

血液検査によるガン検査

ドクター無料対面相談予約

オーダーメイド乳酸菌で「腸活」始めませんか?!

腸内フローラとは


マインドフルネスプログラム

ツイッター

PAGETOP