湘南藤沢 脳腸相関を重視した治療を行うクリニック

線維筋痛症

線維筋痛症とは

img_08線維筋痛症の症状は、全身など広範囲が痛む、また部分的にある箇所だけが痛いことが特徴です。
痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであるケースが多くみられます。痛みの部位が移動したり、天候など季節によって痛みの強さが変わることもあります。不眠、うつ病などの精神神経症状、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、過活動性膀胱などの自律神経系の症状を伴うこともありますが、一般的に痛みの原因となる炎症が起きていないため、検査では異常が見つからないことが多いです。

厚労省研究班の調査では、日本の患者は推計で全人口の約1.7%。女性が8割以上を占め、年齢は50代が最も多かったとの報告があります。治療過程の中で必要なことは質の良い睡眠、痛みを軽減すること、筋肉の柔軟性を保つこと、代謝を良くすること、ストレスを軽減すること、腸内環境を整えることなどが挙げられます。

考えられる原因

原因は特定されていませんが、下記が原因として推測されています。

  • 感染(マイコプラズマ)
  • 中枢性感作
  • 先天的要因

当院が推奨している治療法・メニュー

各メニューの特徴

複数の治療法の中から、患者様に合ったメニューを組み合わせ、治療を行っていきます。

点滴療法・・・オゾン療法では100~200ccの自分の血液に医療用オゾンを注入。酸素濃度が上がった鮮やかな赤色の血液を再び体内へ戻します。体内に酸素を行き渡らせ、健康増進や冷え性改善、若返りをはかるという治療法です。酸化は慢性疲労や線維筋痛症にも関わっているので、抗酸化力を高めるために効果的です。またマイヤーズカクテルでも効果が期待できます。

CES療法・・・鎮痛効果。医療機器を使用しての治療となります。脳に微弱な電流を流すことで、精神の安定や意欲向上を促すセロトニンや、鎮静作用、多幸感に作用するβエンドルフィンの分泌を促し、α波を誘導します。

・水療法(運動療法)・・・関節にストレスがかからないので水の中で皮膚に刺激を与えることで疼痛レベルを下げることを目的としています。リラクゼーションとしても効果的です。

・エサレンボディワーク・・・触刺激は痛みの閾値をUPさせます。エサレンボディワークの柔らかなタッチが痛みを感じにくくし、痛みを抑制する効果があります。また血液やリンパの流れをよくし、深いリラックス感を味わうことができます。

心理療法・・・ストレスコントロールのためにバイオフィードバックで正しい腹式呼吸法を習得していきます。また認知行動療法を使って、痛みに対する閾値を自分でコントロールできるようにしていきます。

オーダーメード乳酸菌免疫活性化療法・・・線維筋痛症には腸内環境が関わっていると言われているため、ダイレクトに腸内環境を整えるために乳酸菌の摂取が効果的です。

サプリメント・漢方・・・血管拡張効果。抗酸化力を高めます。

メニュー構成

・レジリエンス力UP→バイオフィードバック、認知行動療法

・抗酸化力UP→点滴療法、サプリメント、漢方、乳酸菌

・鎮静効果・リラックス効果→CES療法、水療法、エサレンボディワーク

線維筋痛症

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0466-25-2638 受付時間9:30~17:30(日曜祝日休診)

Clinic Information

診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30~12:30

午後13:30~17:30


診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・アレルギー科


診療日・予約制

診療日カレンダー


お問い合わせ

Tel0466-25-2638

Fax0466-25-2639


CES療法

適応疾患例


腸のトラブル

書籍のご紹介
採用情報
メディア出演情報

話題の美容ドッグ

腸内フローラとは


マインドフルネスプログラム

ツイッター

PAGETOP