湘南藤沢 脳腸相関を重視した治療を行うクリニック

認知症検査

  • HOME »
  • 認知症検査

老夫婦イメージ

血液検査により、認知症の発症リスクを判定できる「MCIスクーリング検査」。
結果はA~Dまでの4段階で示され、軽度認知障害(MCI)と診断されるC(中程度)とD(高程度)のレベルでも、日常生活に支障はありませんが、そのまま症状を放置すれば5~6年ほどで診断を受けた方の半数以上がアルツハイマー型認知症を発症すると言われています。

アルツハイマー型認知症は、アミロイドベータペプチドという原因物質が脳内に蓄積し、脳神経細胞を破壊することで起こることがわかっています。

MCIスクーリング検査では、アミロイドベータペプチドの毒性を弱めるタンパク質の量を調べることで発症リスクを判定。先手を打ち、予防への対策に取り組むことができるのです。

当院では、認知症を予防するための効果的なサプリメントをご用意しています。
さらにはレジリエンス・プログラムとの併用により認知機能を飛躍的に向上させることも可能となります。

レジリエンス・プログラムへ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0466-25-2638 受付時間9:30~17:30(日曜祝日休診)

Clinic Information

お問い合わせ

Tel0466-25-2638

Fax0466-25-2639

PAGETOP