ストレス検査で病気から守る

15 January 2016

ストレス社会が及ぼす身体への影響

ストレス社会とも呼ばれる現代においては様々なストレスが存在します。このストレスがこれまでご紹介したようなアレルギー症状に起因しているケースも少なくありません。

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s

今回はストレスが身体にどのような影響を及ぼすのかを書いてみます。

ストレスの原因は?

ストレスを引き起こす原因のことをストレッサーと呼びます。このストレッサーは大きく4つに分類され、物理学的ストレッサー、化学的ストレッサー、生物学的ストレッサー、精神的(心理的)ストレッサーがあります。これらストレッサーが作用した際に特異的反応が身体に生じ、病気などの症状として現れます。

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

現代ではこの中の精神的ストレッサーによる病気が特に注目されています。

ストレスによる病気(具体的な症状)

ストレスによって様々な病気になる可能性があります。ストレスと密接に関連することがわかっている疾患をストレス関連疾患といいますが、代表的なものだけを一部挙げてみると、うつ病、不眠症、円形脱毛症、気管支喘息、神経性皮膚炎、メニエール病、腰痛症など皆さんご存知のものも多いのではないのでしょうか?
他にも数十にものぼる病気がストレスを原因に引き起こされるのです。

ストレスを解消・対処するためには

病気にならないようにするために大切なのは、まず第一段階としてストレスを解消(対処)することを日ごろから気を付けておくことです。
ご自身でできる具体的な解消法を一部ご紹介すると、
3R(Rest・Relaxation・Recreation)、趣味、瞑想、運動、スパの利用、適切な睡眠など様々な対処法があります。

adb1ae375143d475709b2bee5836197c_s

これらをご自身の症状やストレス負荷状況、ストレッサ―に合わせて取り組んでいく必要があります。

まずは現状把握のための病院でストレス検査を

ストレスは放っておくと大きな病気に発展しかねません。
ご自身のストレス負荷状況やストレス耐性を把握しておくことがストレスから身を守ることに繋がりますので、一度、ストレス検査をしておくことを当院ではオススメしております。当院ではストレスプロファイルにより自らストレスをコントロールする技術・技法を身につけていただくことが可能です。
病院でのストレス検査によりストレスと向き合い、ご自身の心を整える方法を確立してみませんか?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

クリニック情報
診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30〜12:30
午後13:30〜17:30
診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・漢方内科・アレルギー科


診療日・予約制
診療日カレンダー
お問い合わせ
Tel0466-25-2638
Fax0466-25-2639

江の島弁天クリニック
〒251-0036
神奈川県藤沢市江の島2-1-6
江の島アイランドスパ本館1階

クリニック専用駐車場10台有り


ツイッター

ドクター無料メール相談