腸内フローラを改善し、悪玉菌の増殖を防ぐ方法とは

11 March 2016

悪玉菌の増殖を防ぐためには

先月のブログで悪玉菌が増える原因について説明しました。
今回は悪玉菌の増殖を防ぎ、善玉菌を増やすための腸内フローラの改善に関して書いてみます。

以前も当ブログで触れた通り、腸内フローラは善玉菌・日和見菌・悪玉菌の3つの腸内細菌によって形成されています。
善玉菌のバランスが増えれば相対的に悪玉菌が減少します。

悪玉菌の増殖を防ぐこととは、つまり善玉菌を増やすことが対応策と言えます。

江ノ島弁天1

腸内フローラを改善するための食生活とは

善玉菌を増やして腸内フローラを改善するためには、食生活で意識的に善玉菌が好む食べ物を摂取する必要があります。

では善玉菌を増やすために何を食べれば良いのでしょうか?

おそらく皆さんの頭の中には「ヨーグルト」が思い浮かんだのではないでしょうか。

fed826e02ef920b8063aecf82ffe2a39_s

そうです、ヨーグルトを代表とした発酵食品やオリゴ糖、食物繊維などが善玉菌が好むものとされていて、これらを摂取することで腸内フローラのバランスの改善が望めます。

とはいえ皆さんご存知のヨーグルトを摂取したとしても必ずしも善玉菌が増えるとは限りません。ヨーグルトにも様々な種類があり、どんなヨーグルトであっても皆さんの腸内フローラが改善されていくことはなく、大切なことはご自身に合った菌が含んでいるかどうかということです。

腸内フローラの改善がヨーグルトで望めないケースとは

当院では採取した血液を培養し、600種類の中から厳選した6種類の乳酸菌を共培養し、個々人にとって“免疫機能をもっとも増強させる乳酸菌”を1つ選んで内服するという新たな免疫療法を実施しております(詳しくはコチラ)が、最近は朝晩で違う種類のヨーグルトを食べることを勧めるドクターが増えてきています。

同じヨーグルトを数週間食べ続けても体調に改善の兆しが現れなければ別のヨーグルトを試したり、もしくは違う角度でのアプローチが必要かもしれません。

要するに善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして健康的な腸内フローラに整えるためにはご自身の身体に合った「菌」を摂取することが重要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

クリニック情報
診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30〜12:30
午後13:30〜17:30
診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・漢方内科・アレルギー科


診療日・予約制
診療日カレンダー
お問い合わせ
Tel0466-25-2638
Fax0466-25-2639

江の島弁天クリニック
〒251-0036
神奈川県藤沢市江の島2-1-6
江の島アイランドスパ本館1階

クリニック専用駐車場10台有り


ツイッター

ドクター無料メール相談