腸内フローラとは

皆さん、腸内フローラという言葉をご存知ですか?最近はよくメディアにも取り上げられるようになりましたので、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

人間には600兆個以上のの細菌類が棲みついています。
特に腸内には膨大な、そして様々な細菌が共生しており、この多種多様な細菌が一面に群がって咲いているような様から「腸内フローラ」と呼ばれています。
下の絵のような花畑の様子のことをフローラと呼びます。この様々な花を最近に置き換えて、腸内フローラと呼ぶのです。

50e60a888ffa0c89aa924f3d11b81e1e_s

要するに腸内フローラとは腸内の細菌ということです。※腸内といっても小腸の終わりから大腸までのことを指します。

腸内細菌とは

腸内細菌の種類は大きく3つに分類することが出来ます。
皆さんも聞いたことがあることがあるかと思われる善玉菌はそのうちの1つです。
そして同じく有名な悪玉菌、最後に日和見菌(ひよりみきん)の3つです。

善玉菌とは乳酸菌、ビフィズス菌など腸内の活動を活発化させたり、悪玉菌を抑制する菌のことを指します。一方、悪玉菌とはウェルシュ菌、大腸菌など腸内で有害物質を生成する菌です。日和見菌は善玉菌、悪玉菌のどちらにも属さない菌のことで、腸内バランスが崩れ、善玉菌、悪玉菌のいずれかが優勢になると日和見菌はそちらに加勢してしまう特徴があります。

腸内フローラはこの3つの菌によって構成されており、腸内フローラのことを善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスのことを指す場合もあります。

4b6324535638ac1e51d35a8eaebf2850_s

なぜ今、腸内フローラが注目されているのか

TVの健康番組や雑誌にも引っ張りだこの腸内フローラですが、なぜ今、注目されているのかというと、腸内細菌のバランスを保つこと、つまり腸内フローラの健康こそが万病の予防に繋がるからです。

人間がかかる多くの病気は腸内の細菌の活動低下によるものが多分に影響しています。これまで当ブログでご紹介してきたアレルギー疾患も腸内細菌のバランスが崩れることによって引き起こされます。

次回以降は腸内フローラが原因で引き起こされる病気とその対策などを述べていきます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+