腸内フローラをケアして花粉症対策!ゴルフのスコアも改善!?

24 February 2016

ゴルフシーズンが間もなく到来!同時に花粉症もシーズンイン

もうすぐ暖かくなるだろうと3月からゴルフの予定が入ってきている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ゴルフ 花粉症 腸内フローラ

「いきなりゴルフの話!?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は当院へのご相談でゴルフが好きなのだが花粉症の症状がきつくてスコアが伸びないという相談が意外とあります。

春秋がゴルファーからすると最高のシーズンと言えますが、一方で花粉症の方からすれば最悪のシーズンでもあります。

花粉症は当ブログでも以前ご紹介した通り、花粉というアレルゲンが体内に入り、そのアレルゲン(体にとっての異物)を体外に押し出そうとして免疫システムが働きます。

e02afdb41551a2e13b26813239c5f26e_s

本来、花粉は体に無害のはずですが、花粉症の人の場合はある免疫細胞が抗体として花粉を追い出そうと攻撃するわけです。
この抗体が花粉と結合するとヒスタミンという化学物質が分泌され、くしゃみや鼻水など花粉症の諸症状の原因となっています。

ゴルフ好きに朗報!腸内フローラを整えれば花粉症が改善

つまり抗体がでなければヒスタミンが分泌されず、花粉症の症状は出ません。
実は腸内フローラの健康とこのヒスタミン分泌(抗体を出さないこと)に関連があるのです。

腸内フローラの健康を保つビフィズス菌や乳酸菌にはヒスタミンを分泌させる抗体を増やさない働きがあるといわれています。
ビフィズス菌など善玉菌が腸内フローラにおいて優勢になること、つまり悪玉菌を抑えることで体の免疫力・免疫バランスを保つことができるようになるというわけです。

腸内フローラ免疫療法で花粉症を克服しゴルフスコアも改善

当院ではオーダーメイド免疫活性化療法(腸内フローラ免疫療法)を日本で初めて採用しております。

この療法は、600種類ある乳酸菌の中から6種類までしぼり込み、そこに採取した血液を先進的なバイオ技術で培養・反応させ、「お一人お一人にとって免疫機能をもっとも増強させる乳酸菌」を選び出そうというシステムです。

免疫力を大きく改善され、花粉症の予防・改善ににも大きく貢献することが望めます。

花粉症の症状が緩和されたり、改善することできっとゴルフスコアも大きく改善されるはずです。

5c5838bea0288e075050cd227167dc26_s

ゴルファーで花粉症にお悩みの方は腸内フローラを整えることがスコアアップの最大の近道かもしれません。
腸内フローラのケアにご興味ある方はいつでもお気軽にお問合せください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

クリニック情報
診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30〜12:30
午後13:30〜17:30
診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・漢方内科・アレルギー科


診療日・予約制
診療日カレンダー
お問い合わせ
Tel0466-25-2638
Fax0466-25-2639

江の島弁天クリニック
〒251-0036
神奈川県藤沢市江の島2-1-6
江の島アイランドスパ本館1階

クリニック専用駐車場10台有り


ツイッター

ドクター無料メール相談