がん発生リスクを抑えるためのがん検査とは

数年のうちに癌(がん)が発症する確率や、どの部位に発症する可能性があるかなどを推定する検査があります。
それが当院でも実施している「mRNA遺伝子検査による超早期がん検診」というがん検査です。

超早期がん検診

がん細胞は食生活や酒、タバコ、さらにはストレスといった生活習慣や加齢など後天的な環境が要因となって遺伝子が変異し、作られます。
通常、遺伝子検査というと両親から受け継ぐDNAを対象としたがん検査ですが、mRNA遺伝子検査ではこの後天的な環境により変異しうる(変異した)遺伝子を調べる癌検診です。

簡単に申し上げると「がんを発見する」のではなく『異常が起こっていて、がん細胞になりえる遺伝子』を調べることを目的にしたがん検査です。

がん検査によって分かること

がん細胞になりえる遺伝子異常は臓器によって多少異なるため、この検査を行うことで将来、どのガンになりえる可能性があるのか、またがん発生リスクはどれくらいなのかが分かります。PET検査では発見しづらい5mm以下のがんを見つけることも可能です。

45ce3075479b1f18d972dd33e99456b3_s

そしてmRNA遺伝子検査により変異した遺伝子が分かれば、その遺伝子異常の特性に合わせてがん細胞化させないための対策を打つことが出来ます。

対策というと手術や投薬をイメージされる方がいらっしゃるかもしれませんが、当院で実施するのは検査結果に応じた生活習慣の改善方法の提示です。オーダーメイドのプログラムにより日頃の生活から遺伝子異常を発展させないようにして病気にならない体質を目指していただきます。規則正しい日常生活ががんを予防し、健康的な生活を作ります。
そのためにはまずはがん検査による現状把握が大切になるのです。

難しい検査ではありませんので、皆さんご自身の未来の健康のために一度、がん検査についてどうぞお気軽にご相談くださいませ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+