アトピー性皮膚炎の原因

28 January 2016

そもそもアトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎について医学用語では気管支ぜんそくなどの他のアレルギー疾患も含めた総称として使われていますが、一般的には皆さんご存知の通り、アトピー=皮膚炎を指されることが多くあります。
アトピー性皮膚炎は医学的にもその原因が解明されていませんが、日本皮膚科学会では

「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰返す、そう痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」(日本皮膚科学会 アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより引用)

と定義されています。

要するに「アトピー素因を持ち、かゆみがひどくなったりよくなったりを繰り返す湿疹症状」がアトピー性皮膚炎です。

e68a56a528f3e927247a0571308767ae_s

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー素因というのは家族に気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にかかったことがあるという遺伝的なものと、IgE抗体を産生しやすい素因のことを指します。気を付けていただきたいのが、アトピー素因を持っているからといって必ずしもアトピー性皮膚炎になるというわけではありません。その逆も然りです。

つまり遺伝的要因だけで100%発症するのではなく、環境要因がアトピーには大きく起因しています。
そしてこの遺伝的要因と環境要因が発病のキッカケであることに加えて、症状悪化の原因にもなっています。

アトピー性皮膚炎の診断

ここまで書いた通りアトピー性皮膚炎は複合的な要因が絡まって発症します。冒頭にアトピー性皮膚炎の原因は解明されていないと書きましたが、雑誌や本では「合成洗剤が原因だ!」とか「ダニやハウスダストは原因ではない!」などと言われたりもしています。複合的な要因が組み合わさり発症するのですからいずれも正解であり、不正解であると言えます。

ちなみに乳児では二ヶ月、幼児~成人は六ヶ月以上湿疹の症状が続くと、アトピー性皮膚炎と診断されます。また以前、当ブログでも書きましたがアレルギーの検査によりアレルゲンを特定し、早期治療にあたることも可能です。

37585926f76269dd00624f1862e0dc0e_s

次回以降はアトピー性皮膚炎の症状や治療法についても当ブログで取り上げていく予定ですが、当院で行っているオーダーメイド免疫活性化乳酸菌はアトピー性皮膚炎に対して優れた効果が期待できます。アトピー性皮膚炎でお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

クリニック情報
診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30〜12:30
午後13:30〜17:30
診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・漢方内科・アレルギー科


診療日・予約制
診療日カレンダー
お問い合わせ
Tel0466-25-2638
Fax0466-25-2639

江の島弁天クリニック
〒251-0036
神奈川県藤沢市江の島2-1-6
江の島アイランドスパ本館1階

クリニック専用駐車場10台有り


ツイッター

ドクター無料メール相談