アレルギー対処ブログ

27 May 2016

マイクロ流体バイオチップの活用

検査技術プラットフォームの欠点と改善

前々回に続いてプロバイオティクスについての解説を進めます。

ELISPOT検査技術プラットフォームは、大量かつ迅速にプロバイオティクス菌種のパーソナライズのスクリーニングに適していますが、操作プロセスで下記の通り多くの手作業を必要とします。

1.免疫細胞とプロバイオティクスが行動でインターフェロンの生成を刺激
2.免疫細胞とプロバイオティクスを除去し、インターフェロンが特異性抗体と結合
3.酵素の第二抗体を加える
4.基質を加え着色する
5.各色は、免疫細胞が分泌したインターフェロンを示す

手作業のミスは管理が難しく、同時に多くのマンパワーと時間を費やします。

eab2bad3c6e3af4c1a4ba9f66313e791_s

私達は近年、バイオテクノロジー企業と共同で、プロバイオティクスのパーソナライズのためのスクリーニングプラットフォームとしてマイクロ流体バイオチップを開発し、プロバイオティクスのパーソナライズ技術をアップグレードしました。

マイクロ流体バイオチップとは

マイクロ流体バイオチップは、微小電気機械システムの処理技術を利用して、従来の生化学的分析において必要だったマイクロポンプ、マイクロバルブ、マイクロフィルター、マイクロミキサー、マイクロパイプ、マイクロセンサ、マイクロ反応器などのコンポーネントをバイオチップ上に統合するもので、これによって前処理、混合、転写、分離、検出などの作業を進めるというものです。

これまで研究室において必要だった手動で処理する必要があった各種プロセスを、手のひらよりも小さいチップ上に統合することができるもので、チップ上の実験室(ラボ・オン・チップ)とも呼ばれています。

マイクロ流体バイオチップを使用してプロバイオティクスのパーソナライズのスクリーニングを実施します。検出の原理と使用する生物学的指標は、ELISPOTと同じです。

しかし、マイクロ流体バイオチップを利用して行う生物医学的検出または分析の利点としては、手作業により生ずる実験誤差を減らせること、システムの安定性を引き上げられること、エネルギーおよびサンプルの消費量を減らせること、人手と時間を節約できることなどがあります。

7bc8eb8ef8e87fc3e123a84a1cbc0283_s

同時に、検出方法を発光シグナルの測定に変えることで、感度が引き上げられます。プロバイオティクスのアップグレード版では、服用者に最適のプロバイオティクスをさらに正確かつ迅速にスクリーニングできます。

プロバイオティクスのパーソナライズは、幾多の技術革新を経て、現在では技術レベルが成熟しています。

臨床治療中の多くの患者さんを診ていく中で、患者さんが一日一日と回復していく様子を見ることは、医師として最大の喜びです。また、統合医療が患者さんの病を取り除く上で最高のものであると確信できます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

13 May 2016

プロバイオティクスの最適のツール

プロバイオティクスのパーソナライズの最適のツールとは

「パーソナライズされた医療の実現には、適切な生物学的指標の選択が重要」ということを前回述べましたが、今回はツールについて説明してまいります。

プロバイオティクスのパーソナライズのスクリーニングには、生物学的指標を正しく選択することに加えて、研究室の技術プラットフォームも成功への鍵となります。

e67590c859a37003f24a984b14d0ee87_s

利用可能な技術プラットフォームにはいくつかの条件を満たしている必要があります。

最初に、生物学的指標の定量分析が正確にできること、次に、一度に大量・多種類の菌種の分析ができ、また操作が簡単で時間を節約できるということです。
最もよいのは自動化によって手作業での実験誤差を削減できるということです。

インターフェロンとインターロイキン-10が属する種類のタンパク質の生物学的指標を分析するには、高感度酵素免疫測定法が利用できます。

酵素面積測定法は、抗原抗体反応の特異性を利用していることから、正確にタンパク質含有量を検出することができ、インターフェロンおよびインターロイキン-10の分析に使用できます。

ELISPOTとは

ELISPOTは、この原理を利用して設計された迅速なスクリーニングのプラットフォームです。インターフェロンのモノクローナル抗体を96ウェルプレートの底に付着して、プロバイオティクスのパーソナライズのスクリーニングを行います。

まず、被験者の10㏄の末梢血白血球分離から始めて、一定量を各ウェルプレートに添加し、その後に別のプロバイオティック菌株を加えて白血球細胞とともに培養します。

プロバイオティクスは、白血球分泌のインターフェロンを刺激し、反応後に酵素免疫測定法によりインターフェロンの数値を解析します。

反応結果としてプレートの底に見られる濃青色の各点は、それぞれぞインターフェロンを分泌した白血球を表します。こうしたことから、免疫反応を定量化することが可能で、免疫系の調節に最適なパーソナライズされた菌株を探し出すことができます。

ELISPOTスクリーニングプラットフォームを通じて、免疫細胞を最も刺激するインターフェロンまたはIL-10を生成するプロバイオティクス株を選び出し、使用者の体質に最も適合した菌種をカスタマイズします。

この技術には、単一の免疫細胞が分泌したサイトカインを検出できる感度があり、菌種を迅速かつ大量にスクリーニングできるという利点があります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

06 May 2016

プロバイオティクス療法でQOLを向上

プロバイオティクス療法におけるインターフェロン

前回より引き続きインターフェロンの解説を続けます。

自己免疫疾患が存在する場合、インターフェロンは最良の生物学的指標ではありません。
自己免疫疾患およびアレルギー性疾患の病原は正反対で、自己免疫疾患ではTH1が強すぎ、TH2が弱すぎます。

パーソナライズされたプロバイオティクス療法を使用する場合、インターフェロンは生物学的指標としては適切ではなく、IL-10に切り替える必要があります。

1970年代に、多くの研究室で一群のT細胞(炎症を抑制する免疫細胞)が発見されました。T細胞とB細胞が含まれます。こうしたことから、制御性T細胞と呼ばれます。科学者はマウスでの実験で、制御性T細胞が全身性エリテマトーデスの発症と病状の進行を遅らせることができることを発見しました。

45ce3075479b1f18d972dd33e99456b3_s

したがって、医学界では、制御性T細胞の機能を引き上げることが、自己免疫疾患の治療の新しい方向だとみなしました。
制御性T細胞が分泌するサイトカイニンは、IL-10と細胞成長因子で、この2種類のサイトカインは、プロバイオティックのパーソナライズのスクリーニングの生物学的指標として使用することができます。

あるプロバイオティクスが患者のIL-10の分泌を十分に刺激できた場合、それは制御型T細胞が活性化されたことを示し、自己免疫疾患の患者の炎症を改善し、症状が緩和したことを示します。

パーソナライズされた医療の実現において重要なこと

パーソナライズされた医療の実現には、適切な生物学的指標の選択が重要です。
自己免疫疾患の治療にはインターフェロンとIL-10は有効な生物学的指標で、臨床での使用で顕著な効果を示します。

自己免疫疾患の治療は困難ではありますが、多方面から治療を進める必要があることから、統合医療が行われています。アジュバントとしてのパーソナライズされたプロバイオティクス療法は、西洋医学の薬と食事制限を併用することで、患者症状を軽減することができ、徐々に薬の投与量を減らせて副作用を減少させ、生活の質を向上させることができます。

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

リウマチの部門の専門家として、パーソナライズされたプロバイオティクスは、もう一つの症状解決のツールとして提供でき、患者は効果的に回復でき、患者の信頼を取得できます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

29 April 2016

プロバイオティクス摂取の目的

インターフェロンが細胞を守るシクミ

前回よりインターフェロンについて触れておりますが、今回も続けて説明してまいります。

インターフェロンはウイルス感染に抵抗する働きがあり、細胞がウイルスに感染した時、感染した細胞と白血球がインターフェロンを分泌し、近隣の細胞はインターフェロンの情報を取得することでウイルスの攻撃を知り、ウイルス侵入に対する防衛策を開始します。

sinryo

感染した細胞はもちろん死んでしまいますが、近隣の細胞はウイルスの侵害から免れ、ウイルスの拡散を避けます。個々の細胞の自己犠牲で、個人全体として生き残ることができるようになります。

簡単な図解にしてみると・・・・
細胞がウイルスに感染 → 感染した細胞は死滅

細胞がウイルスに感染した際に感染した細胞と白血球がインターフェロンを分泌

インターフェロンが近隣の細胞のインターフェロンと結合して、近隣の細胞には防御のしくみができる

ウイルスが近隣の細胞に侵入できず、ウイルスが拡散できない

近隣の細胞は生き残る

このような細胞の自己犠牲により細胞は生き残るというわけです。

インターフェロンとプロバイオティクスの関係

インターフェロンは、ナチュラルキラー細胞の細胞滅殺機構においても関係します。

ナチュラルキラー細胞は、活性化された後にインターフェロンを放出し、インターフェロンは特異性免疫の生成を導く結果、癌細胞を死滅させます。
また、血管新生を阻害し、がん細胞が栄養素を得ることができないようにし、最後は餓死させます。

インターフェロンは抗アレルギー、抗ウイルスおよび抗癌の免疫機能において大きな役割をはたします。

woman suffering from headache

こうしたことから、インターフェロンは、プロバイオティクスのパーソナライズのスクリーニングに最良の指標とされます。
ある種のプロバイオティクスが、その人の免疫細胞のインターフェロン生成を最大限に刺激できれば、そのプロバイオティクスが抗アレルギー、抗ウイルス、抗腫瘍で最大の効果を発揮していることを示し、その人にとって最高のプロバイオティックの菌株であることを示しています。

したがってプロバイオティクス摂取の目的が、アレルギー症状の改善なのか、あるいは免疫力の引き上げ、ウイルス感染予防、癌の予防である場合は、インターフェロンを自己にとって最適の菌株を選び出す生物学的指標として使用する必要があります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

22 April 2016

インターフェロンの分泌でアレルギー症状を緩和

プロバイオティクスの重要性

パーソナライズするプロバイオティクスを正確に選び出すには、正確な生物学的指標の選出が最も重要です。
車で東京から東北に向かう場合、北向きに走るのが正しく、南向きではいつまでも着くことができませんが、それと同じようなことです。

プロバイオティクスは人体に対して良い点が様々あります。

7bc8eb8ef8e87fc3e123a84a1cbc0283_s

これまでの研究では、免疫力の向上、癌物質の分解、ビタミン生成、消火器でも悪い菌の滅殺、下痢の予防、腸の動きの活性化、便秘の予防などが知られています。プロバイオティクスには良い点が多岐にわたり、それぞれの効果についてそれぞれ特定の生物学的指標を選択する必要があり、これによってはじめて最適なスクリーニングができます。

過去10年間、自己免疫疾患のアジュバント治療で、プロバイオティクスは患者の大きな助けとなりました。
特に症状の安定と生活の品質改善に顕著な役割を果たしました。原理は簡単で、プロバイオティクスはグラム陽性菌であるため、人体に大量の細菌が入った時に、免疫系の反応を刺激します。科学者によると、プロバイオティクスは、身体が生成する2つのサイトカイン-インターフェロンとインターロイキン-10(IL-10)を刺激することができます。

この2種類のサイトカインは、免疫系における情報伝達で重要な役割があり、免疫機能の調節に重要な役割を果たしています。

インターフェロンとは

インターフェロンは、免疫系において重要なサイトカイニンで先天性免疫系の一環であり、身体の第一防衛線です。

これは多機能の免疫で、体内の白血球と組織細胞が分泌します。主な機能は、抗ウイルス感染、抗腫瘍および免疫力の調節です。

インターフェロンの研究の歴史はすでに50年に及び、様々な疾病の治療に活用されています。例えば、ウイルス感染(B型肝炎、C型肝炎、インフルエンザ、コロナウイルスおよびライノウイルス)、癌(白血病、悪性リンパ腫)、アレルギー症状などです。こうしたことからインターフェロンは免疫系の健康を図るいちばんのバロメーターで、インターフェロンの分泌で免疫系が健全に保てます。

1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_s

インターフェロンはTH1免疫系で最も重要なサイトカインです。免疫細胞がインターフェロンを分泌すること誘導できれば、TH1が免疫反応を起こすと同時にTH2の免疫反応を抑制し、免疫系はよりバランスのとれなります。アレルギー性炎症は緩和し、アレルギー性疾患の症状を改善します。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

14 April 2016

免疫系のアンバランスが原因となる四大疾病

自己免疫疾患とは

私達のこれまでのプロバイオティクス使用の経験から、プロバイオティクスは免疫調整剤として優れ、自己免疫疾患に対するアジュバント療法として効果的であることが分かりました。

自己免疫疾患とは何か。

免疫系は人体に対して両刃の剣で、効き過ぎても効かな過ぎても疾病を引き起こします。一般的に、免疫性疾患は二種類に分けられます。

第一の種類は、免疫系の機能亢進です、免疫系があまりに興奮すると、体内で炎症が引き起こされます。この種類はさらに二つのタイプに分けられます。

一つ目は外来抗原の場合で、抗原としては花粉、ダニなどです。これらは、アレルギーと呼ばれています。

06dd772f3f824402c06177670a12b46f_s

もう一つは、自己の体内について抗原として攻撃するもので、自己免疫疾患と呼ばれます。全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、強直性脊椎炎などです。

第二の種類は、免疫系の機能低下です。この種類もさらに二つのタイプに分けられます。

一つ目は、外来の病原体を排除できない場合、感染症の発生が繰り返されます。
頻繁な風邪、尿路感染症、下痢などです。

もう一つは、免疫系が弱すぎことで体内に発生した異常細胞を除去することができないことによるもので、癌が発症します。

免疫疾患に対する治療法とは

こうした免疫疾患は、現代社会において罹患率の上昇が続いている一方で、治療方法はまだ完全ではありません。自己免疫疾患について言うならば、ステロイドや免疫抑制薬で過度に亢進した免疫反応を抑えるだけです。

こうした薬剤には基本的に、免疫系を調節することができません、唯一、緩和剤で症状をコントロールできますが、患者は生涯にわたって症状を制御するために薬を服用しなければならず、しかもこうした薬物の副作用は大きく、長期の使用には適していません。

また、癌には治療法がなく、多年にわたる研究を経ても、癌に対しては無策です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

09 April 2016

プロバイオティクスの生成

プロバイオティクスのパーソナライズの概念の概念とは

ある実験から、遺伝的背景が異なると、プロバイオティックスに対する反応もそれぞれに異なることが確認されました。
ラクトバチルス・パラカゼイに対して強い免疫反応がある人もいますし、ビフィズス菌という人もいます。

4b6324535638ac1e51d35a8eaebf2850_s

同一人物についても、菌株の種類によってインターフェロンの数値が数百倍の違いがあります。こうしたことから、菌株は、個人の体質に最も適切な菌株を選び出さないと、免疫系の調節における作用の差が大きく異なることになります。

他の人には素晴らしい効果が感じられるプロバイオティクスが自分には効果が感じられないのかという理由はここにあります。運もあります。皆に似たような経験があると信じてください。

プロバイオティクスのパーソナライズの概念は、科学的論理に適合すると同時に、堅実な科学的証拠を備えていまが、先進のバイオテクノロジーがあってこそ実現できるものなのです。
パーソナライズされたプロバイオティクスの生成にはいくつかの条件が必要です。

プロバイオティクスの生成の条件

第一は、豊富な菌種のストックを持つことです。豊富な菌種があってこそはじめて、それぞれの体質に応じて、個々人に最適な菌株を選び出すことができます。

次に、正確な生物学的指標を選択することです。我々が解決したい健康上の問題に対して最適な生物学的指標を選択し、この指標が菌株選択の根拠となります。

生物学的指標は、私たちにとって物差しに相当します。

家を建てるのと同様に、間違った物差しでは長短の測定が不正確となり、ちゃんと家を建てられません。

最後に、測定方法を確保する必要があります。高感度で正確性の高い検査方法を使用する必要があります。

最も良いのは自動化できるもので、これにより測定時間を短縮するとともに、ヒューマンエラーを減らせます。

幸いなことに21世紀の今日、すべての条件が整っています。パーソナライズされたサプリメント-過去には科学者の脳内にのみ存在した夢-を享受する機会もあります。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

11 March 2016

腸内フローラを改善し、悪玉菌の増殖を防ぐ方法とは

悪玉菌の増殖を防ぐためには

先月のブログで悪玉菌が増える原因について説明しました。
今回は悪玉菌の増殖を防ぎ、善玉菌を増やすための腸内フローラの改善に関して書いてみます。

以前も当ブログで触れた通り、腸内フローラは善玉菌・日和見菌・悪玉菌の3つの腸内細菌によって形成されています。
善玉菌のバランスが増えれば相対的に悪玉菌が減少します。

悪玉菌の増殖を防ぐこととは、つまり善玉菌を増やすことが対応策と言えます。

江ノ島弁天1

腸内フローラを改善するための食生活とは

善玉菌を増やして腸内フローラを改善するためには、食生活で意識的に善玉菌が好む食べ物を摂取する必要があります。

では善玉菌を増やすために何を食べれば良いのでしょうか?

おそらく皆さんの頭の中には「ヨーグルト」が思い浮かんだのではないでしょうか。

fed826e02ef920b8063aecf82ffe2a39_s

そうです、ヨーグルトを代表とした発酵食品やオリゴ糖、食物繊維などが善玉菌が好むものとされていて、これらを摂取することで腸内フローラのバランスの改善が望めます。

とはいえ皆さんご存知のヨーグルトを摂取したとしても必ずしも善玉菌が増えるとは限りません。ヨーグルトにも様々な種類があり、どんなヨーグルトであっても皆さんの腸内フローラが改善されていくことはなく、大切なことはご自身に合った菌が含んでいるかどうかということです。

腸内フローラの改善がヨーグルトで望めないケースとは

当院では採取した血液を培養し、600種類の中から厳選した6種類の乳酸菌を共培養し、個々人にとって“免疫機能をもっとも増強させる乳酸菌”を1つ選んで内服するという新たな免疫療法を実施しております(詳しくはコチラ)が、最近は朝晩で違う種類のヨーグルトを食べることを勧めるドクターが増えてきています。

同じヨーグルトを数週間食べ続けても体調に改善の兆しが現れなければ別のヨーグルトを試したり、もしくは違う角度でのアプローチが必要かもしれません。

要するに善玉菌を増やし、悪玉菌を減らして健康的な腸内フローラに整えるためにはご自身の身体に合った「菌」を摂取することが重要です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

01 March 2016

あたたまることと、免疫と、おなかの乳酸菌のこと

体の芯から温まるとは

「心とからだにもいい」温泉のありがたさは芯から温まることができることにあると思います。

皮膚の表面温度から深い部分のからだの芯の体温(深部体温)を39℃に向けて温まることが心もからだも総合的にいい作用のポイントです。
「芯から温まる」ことが温泉に浸かる目的とも言えます。

芯から温まることとは、医学的には血流・血の巡りをよくすることと、細胞間同士のシグナルや、細胞内での細胞の増殖と修復に関わる酵素などの活性が、「元気はつらつ」の状態に関わると考えられます。

体の芯

「あたたまるいいこと」とは、毛細血管の血の巡りが明らかに、よくなることです。ほんのり桜色の様子です。
「あたたまれない」「冷える」「寒気」は、「元気はつらつ」とは言えない状況を示し、青白い・青ざめている状態かもしれません。
免疫を担う白血球は温まるとすばやく動いて問題が発生している処に集まる性質が見られます。

たとえば疲れて冷えたときにウイルスの侵入を許して風邪に罹ってしまうことになり、温まることができると早く治る気がしますが、やはり総合的にも細胞や組織の修復の効率がよくなり元気がもどる働きがあると考えられます。
皮膚や腸などの粘膜の表面では、病気をもたらすバクテリアやウイルスなどを殺すために戦っています。

ところがスギ花粉症は鼻などの粘膜でスギ花粉に「くすぐられる」かのような刺激に対して症状がエスカレートします。鼻の症状が続いていても、免疫力が落ちたことを示すわけではなく、侵入者に対して負けまいと抵抗している様子として鼻水で洗い流そうと頑張っているような反応症状です。

おなかを温め乳酸菌を活性化させアレルギーに対処

たとえば不節制が続き自律神経やホルモンバランスが不安定になっているときに、いつもの年よりもひどかったりすることがあります。ストレスで更に鼻の症状と同時におなかにも影響させてしまっていることが少なくないようです。そのおなかにいる腸内細菌のバランスがアレルギーや免疫の反応による症状をエスカレートさせることに気付かれるようになりました。

おなかを温かくして自分にあった乳酸菌を活性化させることが、アレルギーをコントロールするための一つのコツである可能性が考えられてきました。

アレルギー 花粉症

巷の乳酸菌の中でどれがその人の健康にいいかを判定するシステムとして特に免疫にかかわるインターフェロン・ガンマと免疫のバランス調整をするインターロイキン10の検査に注目しています。
アレルギー性鼻炎など慢性化する症状や慢性症状の前がん状態の悪化予防やウイルス性などの感染症予防に役立つ可能性として注目されます。
台湾の許先生が開発研究されたこのシステムは江の島アイランドスパ・温泉利用型健康増進施設・江の島弁天クリニックの温泉療養や水中運動と合わせ、腸からの新しい未病制御、健康づくりとして推奨です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

24 February 2016

腸内フローラをケアして花粉症対策!ゴルフのスコアも改善!?

ゴルフシーズンが間もなく到来!同時に花粉症もシーズンイン

もうすぐ暖かくなるだろうと3月からゴルフの予定が入ってきている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ゴルフ 花粉症 腸内フローラ

「いきなりゴルフの話!?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は当院へのご相談でゴルフが好きなのだが花粉症の症状がきつくてスコアが伸びないという相談が意外とあります。

春秋がゴルファーからすると最高のシーズンと言えますが、一方で花粉症の方からすれば最悪のシーズンでもあります。

花粉症は当ブログでも以前ご紹介した通り、花粉というアレルゲンが体内に入り、そのアレルゲン(体にとっての異物)を体外に押し出そうとして免疫システムが働きます。

e02afdb41551a2e13b26813239c5f26e_s

本来、花粉は体に無害のはずですが、花粉症の人の場合はある免疫細胞が抗体として花粉を追い出そうと攻撃するわけです。
この抗体が花粉と結合するとヒスタミンという化学物質が分泌され、くしゃみや鼻水など花粉症の諸症状の原因となっています。

ゴルフ好きに朗報!腸内フローラを整えれば花粉症が改善

つまり抗体がでなければヒスタミンが分泌されず、花粉症の症状は出ません。
実は腸内フローラの健康とこのヒスタミン分泌(抗体を出さないこと)に関連があるのです。

腸内フローラの健康を保つビフィズス菌や乳酸菌にはヒスタミンを分泌させる抗体を増やさない働きがあるといわれています。
ビフィズス菌など善玉菌が腸内フローラにおいて優勢になること、つまり悪玉菌を抑えることで体の免疫力・免疫バランスを保つことができるようになるというわけです。

腸内フローラ免疫療法で花粉症を克服しゴルフスコアも改善

当院ではオーダーメイド免疫活性化療法(腸内フローラ免疫療法)を日本で初めて採用しております。

この療法は、600種類ある乳酸菌の中から6種類までしぼり込み、そこに採取した血液を先進的なバイオ技術で培養・反応させ、「お一人お一人にとって免疫機能をもっとも増強させる乳酸菌」を選び出そうというシステムです。

免疫力を大きく改善され、花粉症の予防・改善ににも大きく貢献することが望めます。

花粉症の症状が緩和されたり、改善することできっとゴルフスコアも大きく改善されるはずです。

5c5838bea0288e075050cd227167dc26_s

ゴルファーで花粉症にお悩みの方は腸内フローラを整えることがスコアアップの最大の近道かもしれません。
腸内フローラのケアにご興味ある方はいつでもお気軽にお問合せください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

クリニック情報
診療時間

*受付は終了時間15分前迄です。

午前9:30〜12:30
午後13:30〜17:30
診療科目

内科・ペインクリニック内科・心療内科・美容内科・リウマチ科・漢方内科・アレルギー科


診療日・予約制
診療日カレンダー
お問い合わせ
Tel0466-25-2638
Fax0466-25-2639

江の島弁天クリニック
〒251-0036
神奈川県藤沢市江の島2-1-6
江の島アイランドスパ本館1階

クリニック専用駐車場10台有り


ツイッター

ドクター無料メール相談